lecura

ルクラで知る”インディバ” Lecura Press

2018/04/23 BLOG一覧

春の過ごし方

皆さんこんにちは。

ポカポカ陽気がだんだんと強まり
春は暖かくて活き活きと輝いていて
一番好きな季節、今年も楽しんでいます。

この時期は寒暖差の影響で
自律神経のバランスが低下して
春の「季節病」ともいえる症状が起こりやすく

だるい・眠い・イライラ・ウツウツ
情緒不安定などの症状が出やすい時期です。

ではそれらの症状を
ゆるめにはどうすればいいのでしょうか。

ポイントは
五臓の「肝」をいたわる生活や
食事を心がけることが大切です。

肝系の主な働きは

気を昇げる→降ろす→入れる→出す
といった調節
血を貯蔵し調節したり
解毒作するところです。

それに伴って
消化吸収を助けたり
感情コントロールにも影響があります。

肝が送ってくれる血で
他の臓は養われているので
血・気の巡りを良くすれば良いのです。

生活では

新しいことを始めたり
外で春を感じながら
スポーツ・体を動かしたり散歩等
(無理のない程度に)

冬に溜まった陰のものを吐き出すイメージで
血液循環が良くなります!

食事は

体が活き活きと働く為に

・血を貯蔵する「 造血作用の食材」

・体をデトックスする
「 解毒作用の苦味の食材」

・疲労感を取り除く「 酸味」

を積極的に取りましょう。

 

造血作用

にんじん・パセリ・ほうれん草・ブロッコリー・にらなどの緑黄色野菜・レバー・あさり・ハマグリ・しじみ

 

解毒作用」

旬のもの
香草類・たらの芽・山菜
みょうが・ねぎ・ウコンなど

 

酸味

ピクルス・らっきょう漬け・すもも・梅干・酢の物なども取りましょう。

注意:
元々、胃の調子が悪い方・酸味のものを食べ過ぎると消化器系を痛めますので
その日の体調で調整して下さい。

体のバランスが取れてくると

のびのびとおおらかに感情を保つことができて
気持ちが明るくなり、前向きな活き活きとした毎日を楽しめます。

カラダが喜ぶ食材を積極的に摂って
素敵な春をお過ごしくださいね。