lecura

ルクラで知る”インディバ” Lecura Press

2018/08/04 BLOG一覧

栄養とインディバの関係③

本日もインディバLecura池袋のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
早いもので、もう8月ですね!
この暑さ対策で、駅でミストのサービスもあるようですね。聞いた話ですが、とある教習所ではかき氷のサービスもあるそうです(^^♪
さて本題です。今回はカラダ編でしたね。
【カラダ編】
味覚を感じなくなったUさま
不足ビタミン・ミネラル
::::::::::::::::::::
      ↓
ビタミンE、ビタミンC、亜鉛
Uさまは、やや潔癖症で好き嫌いが多い30代のベリーショートがお似合いのオシャレな女性です。
色白の美人さんですが、目の下のクマがちょっと気になりますメイクをしている時はコンシーラーでごまかせますが、スッピンの時は、少し暗い印象が拭えません。
できるだけ、アイメイクを控えるとか、色素沈着しないアイメイクのおススメして、クレンジングや洗顔時はこすらないようアドバイスしました。
そして・・・・・・・・・
もう皆さま お気付きですよね♪
そう、肝心な食生活 ! と思われた方は、ブログを読んでくださっていますね(^^♪
Uさまは、かなりの偏食でした! (あーやっぱり!)と思われた方さすがです!
目の下のクマの原因のひとつは、血行不良です。ビタミンE不足が考えられます。メラニン色素の沈着を防ぐにはビタミンCが必要ですが、ストレスの多い職場環境は、ビタミンCを消耗しやすくしてしまいます。一般的より多めに摂取する必要があります。
味覚が落ちたU さまは、食べることに段々執着がなくなり、インスタント食品が多くなったことが原因で、明らかに「亜鉛不足!」
亜鉛が不足すると、味覚が落ちたり感じなくなると同時に、お肌の細胞の代謝も鈍くなってきます。
味覚とお肌の細胞!と、関係ないように思いがちですが、細胞って関係するんですね!
ビタミンCとEを中心にビタミンB群と亜鉛をはじめとする各種ミネラルをしっかり摂っていただきました。
数か月後には、お肌全体に透明感がでて、クマも段々目だたなくなってきました。
Uさまの場合は、フェイシャルのインディバのイオン導入とマッサージで血行促進をして、クマは解決に向いました。
食べ物の味が分かるようになったと、喜んでいただけました。
Uさま!くれぐれも食べ過ぎには、ご注意を(^^♪
『インディバの助けがあるから大丈夫よーって』
聞こえたような気がしたのは私のソラ耳であってほしい(笑)
最後までご覧いただき ありがとうございました。